環境

環境ニュース

環境対応の基本的な考え方

当社は、日産グループの一員として、利益ある成長を遂げながら、社会や環境、自然と共生できる企業を目指しています。特に環境対応に対しては、方針や体制を整備し、あらゆる観点からの取り組みの推進に努めています。

環境理念

日産グループ環境理念

人とクルマと自然の共生

日産車体環境理念

当社は環境保全に対する重要性を認識し、人から社会、自然にやさしい車づくりに努め、地域環境の保全と豊かな社会の発展に貢献します。

当社は、日産グループの掲げる環境理念のもと、当社が策定した環境理念に従い、環境方針を定め、その実行に努めています。
特に当社の場合、生産メーカーとして、生産過程において多くのエネルギーを必要とすることもあり、その使用エネルギーの削減、CO2排出量の削減として、環境にやさしい車づくりなどに積極的に取り組んでいます。

環境方針

日産車体(株)・日産車体九州(株)では、従業員一人ひとりが環境を大切にするマインドを醸成し全部署が車づくりに関わる環境影響を常に認識し、「ニッサン・グリーンプログラム」を踏まえ、環境方針に基づく環境活動を進め、人や社会、自然にやさしい車づくりに取り組みます。

  • 環境法令及び、県及び市・町条例、その他の要求事項を遵守します。
  • 以下の環境保全対策に取り組みます。
    • 1)二酸化炭素の排出量を低減する為、工場の生産設備及び事務所に於いて、
      エネルギーの効率的使用に取り組む
    • 2)廃棄物の適正管理と削減に努めると共に、資源循環を向上させる
    • 3)VOC(揮発性有機化合物) の大気放出量削減と、使用量削減に取り組む
    • 4)水使用量削減に取り組む
    • 5)環境汚染に繋がる、事態を未然に予防する
  • 燃費、排ガス、リサイクルなど車が環境に及ぼす影響を考慮した車両の設計開発を行います。
  • 地域との共生・調和を大切にする企業風土を醸成すると共に、積極的な情報開示と、対話集会等による地域とのコミュニケーションに取り組みます。
  • 環境パフォーマンスをより高く達成する為に、環境マネジメントシステムを継続的に改善向上します。

環境統括責任者
取締役専務執行役員

中村卓也

Home サステナビリティ 環境