企業情報

現在位置
トップ> 企業情報> メッセージ

メッセージ

グローバルな環境の変化に対応し、お客さまに魅力ある、質の高いクルマとサービスを、タイムリーにお届けします。 代表取締役社長 兼 社長執行役員


2019年4月、日産車体は70周年という大きな節目を迎えることができました。これもひとえに、お客さまをはじめ、多くの関係者のご支援の賜物と、感謝申し上げます。

日産車体は、1949年、鉄道車両および自動車の車体製作メーカーとしてスタートし、1951年より日産グループの一員として、神奈川県湘南地区および京都府宇治市においてその歩みを重ねてまいりました。 2000年には湘南地区に量産車種の生産を集約しました。そして、2007年には、将来にわたっての事業基盤を確立するため、新たに日産車体九州株式会社を設立し、2010年1月より、九州での新工場の稼働を開始いたしました。

日産車体では、湘南工場と日産車体九州の2つの生産拠点を持ち、湘南工場では、「NV150AD」、「NV200バネット」をはじめとしたLCV(小型商用車)やフレーム車の「パトロール(Y61)」など6車種を生産し、日産車体九州では、ミニバンの「エルグランド」、大型SUVの「アルマーダ」、そしてLCVの「NV350キャラバン」などの5車種を生産しています。

LCV・フレーム車の開発・生産においては独自のノウハウを持ち日産グループのLCV・フレーム車の開発・生産支援をグローバルで担っています。LCVの「NV200」は、湘南工場をマザー工場として、中国やスペイン、インドネシアなど、世界各地の生産拠点へノウハウを展開し、支援を行ってまいりました。
また、商品の競争力向上のため、20年ぶりにパラメディックをフルモデルチェンジ。基準車両をエルグランド(E50)からNV350キャラバン(E26)とし、緊急活動における使いやすさ、走行性能などを一新しました。生産台数と売上の拡大については、重点地域である中近東に加え、アフリカ・ASEAN諸国への活動展開に取り組んでおり、この活動をさらに拡大してまいります。

特装車の開発・生産においては、お客さまとの直接対話により、市場調査に基づくタイムリーな製品企画、迅速な商品化と積極的な販売支援など、多様なニーズに応える当社独自の活動を一層強化し、開発・生産が一体となって質の高い魅力ある商品づくりに取り組むことで、生産台数の拡大を目指しています。

ここ数年の日本の自動車メーカーの動きを見ますと、より生産コストの安い新興国や、輸送コストのかからない現地での生産など、海外生産の拡大が続いております。また、技術面では、安全、環境、利便性などへの技術革新が一層加速しており、それらに確実に対応できる技術力が強く求められ、当社の強みであるモノづくり一貫体制を更に磨いていくことや、グローバルで必要とされる明確なコア技術を確立していくことが一層重要な課題となります。

これらの現状から、当社は、2017年度からスタートした、2017-2022中期経営計画において、「LCV・Frame 車を技術力の核とし、高品質で魅力ある商品をお客さまにお届けすることで、将来にわたる強靭な企業基盤を確立する」ことを基本方針とし、「商品」「工場」「技術・技能」を3つの柱として競争力強化に取り組んでおります。

今後とも、お客さまにご満足いただき、安心してお乗りいただけるよう、安全で環境に優しく、高品質なクルマづくりに、誠心誠意努めてまいります。

2019年6月

ページトップへ戻る