日産車体のクルマづくり

現在位置
トップ >日産車体のクルマづくり >日産車体九州

日産車体九州

品質・コスト・納期の総合力で、世界のベンチマーク工場を目指す

  • ローラーヘミングラインの導入(車体工程)

    ローラーヘミングラインの導入(車体工程)

  • 3WET塗装(塗装過程)

    3WET塗装(塗装過程)

  • ゼブラ照明塗装検査(塗装工程)

    ゼブラ照明塗装検査(塗装工程)

  • 四輪加振機試験(ファイナル検査工程)

    四輪加振機試験(ファイナル検査工程)

  • AGV(無人搬送車)

    AGV(無人搬送車)

  • 匠の技と指導力

    匠の技と指導力

■車体館
車体館
ローラーヘミングラインの導入などにより精度の高い車体骨格をつくります。また、ロボットによるボンネットやドアといった重量部品の自動組み付け、AGVで車体や部品を運ぶなど、フレキシブルでコンパクトな生産ラインを特長としています。

■塗装館
塗装館
新塗装技術である3WET塗装により、環境への対応と高級車へ適用ができる塗装品質を実現しました。さらに、工場内のクリーン化や自動外観検査装置の採用などにより、高品質な塗装を実現しています。

■組立館
組立館
フレーム車とモノコック車の混流が可能な進化した車両組立ラインを実現しています。ファイナル工程で全車を加振試験するなど、高級車にふさわしい高い品質を実現しています。また、作業者の負担を軽減する助力装置を採用するなど、人に優しい工場となっています。

日産車体九州の新工場は、年間17万台の生産能力をもつ、日産グループの「モノづくりのベストプラクティス」のすべてを織り込んだ最新鋭の工場です。高品質なクルマを効率的に生産し、短い納期でお客さまにお届けする「アライアンス生産方式(Alliance Production Way=APW)」を取り入れています。

車体の溶接工程においては、ベルトコンベヤーを排除。ボディをすべてAGV(無人搬送車)によって運ぶことで大がかりな生産設備を実質上なくし、フレキシブルな生産ラインを実現しました。また車両組立工程では基本構造の異なる車種を一つのラインでつくる、多車種混流生産を可能にしました。

 この新工場では、ラグジュアリーブランドの 「Infiniti QX80」、中近東向けのSUV「パトロール」、 国内向けのミニバン「エルグランド」、北米向けの SUV「アルマーダ」、新世代の 本格商用バン「NV350キャラバン」の5車種を生産。日産グループの国内工場では、フルサイズの大型SUVや大型ミニバンの生産が可能な唯一の工場としての役割を担っています。

なかでもラグジュアリーブランドである「Infiniti」には厳しい品質基準が設けられています。その生産を許されているのは現在、全世界で3工場のみとなっており、日産車体九州ではゼブラ照明塗装検査ラインでの塗装品質確認や四輪加振機試験による音振確認を生産するすべてのクルマに実施し、妥協のない検査品質を堅守。さらに各工程を担う熟練した従業員たちの確かな技能の結集により、インフィニティブランドの品質確保に努め、世界的な 市場調査においてもトップ品質を獲得しています。

日産車体九州は、グローバル展開している日産グループにおいて、Q(品質)・C(コスト)・T(納期)の総合力で、ベンチマークとなる工場を目指し、実現に向けて取り組んでいます。

ページトップへ戻る