ニュース

現在位置
トップ >ニューストップ

2009年

[ 9月10日 ] 平塚市美術館企画展「カーデザインの歴史―NISSAN情熱と機能の美―(10月3日〜11月29日)」が開催されます。

カーデザインの歴史―NISSAN情熱と機能の美―

「カーデザインの歴史―NISSAN情熱と機能の美―」

会  期:2009年10月3日〜11月29日

開  館:9:30〜17:00(入場は〜16:30)

休  館:月曜(祝日の場合は翌日休館)

観覧料:一般800円・高大生500円

PDF PDF(パンフレット)

詳しくは平塚市美術館のWEBサイトで。
お得な入場割引券も配布中です。
平塚市美術館のサイトはこちら。

平塚市美術館HP

日産車体第1地区の近くにある平塚市美術館で、10月3日から11月29日まで「カーデザインの歴史―NISSAN情熱と機能の美―」が開催されます。

平塚市美術館

平塚市美術館

精巧な1/4スケールモデルを展示中

精巧な1/4スケールモデルを展示中

これは、日産自動車が特別協力した企画展で、日産車体が生産していた初代フェアレディZ S30型や、「箱スカ」の愛称で有名なスカイラインC10型などの実車展示、オリジナルドローイングやラフデッサン、クレイモデルやスケールモデルなど、普段ではお目にかかれない貴重なカーデザイン資料が数多く展示されます。
公立美術館で、一つの自動車メーカーを取り上げるのは、日本では初の試み。日産のクルマでひも解く戦後日本のモノ造り、デザインの変遷は非常に興味深いものです。

平塚市美術館に足を運んで「カーデザインの歴史」に触れてみてはいかがでしょう。

なお現在は、プレ展示として、マーチ(K12型)、ティーダ(C11型)、キューブ(Z11型)の精巧な1/4スケールモデルを無料スペースにて展示中です。

フェアレディZ 432(PS30型)
フェアレディZ 432(PS30型)
※展示車と異なる場合がございます

スカイライン2000GT-R(PGC10型)
スカイライン2000GT-R(PGC10型)
※展示車と異なる場合がございます

ページトップへ戻る