ニュース

現在位置
トップ >ニューストップ

2007年

[ 11月15日 ] 2007年度日本品質奨励賞 品質革新賞を受賞
今回受賞した4企業の代表者

今回受賞した4企業の代表者

表彰を受ける三武良光常務執行役員と大久保執行役員

表彰を受ける三武良光常務執行役員と大久保執行役員

日産車体株式会社は、財団法人日本科学技術連盟(以下、日科技連)が授与する2007年度 日本品質奨励賞品質革新賞を受賞し、11月14日 東京・大手町の経団連会館で授賞式が行われました。

この日本品質奨励賞品質革新賞は、日科技連が創立50周年を記念して2000年に新たな品質賞として創設した賞で、TQM(Total Quality Management:総合的品質管理)を構成する諸要素について、他の組織の模範となる創造的で革新性をもった取り組み及び、その成果を積極的に表彰し、受賞者はもとより、広くわが国あるいはグローバルに事業活動を展開する組織におけるTQMの進歩・発展に寄与することを目的としています。

今回の受賞理由について日科技連は、他の組織の模範となる創造的で革新性をもった取り組みであり、品質機能展開(QFD)を全社方針の基に活用し、開発・生産技術・生産・品質保証の4つのパートを有機的に機能させて品質経営に取り組んでいる点をあげています。

日産車体は、お客様に最高のご満足を感じていただける製品をお届けするために、この度の名誉ある受賞を励みに、今後も「品質を基軸とした経営」の更なる進化に努めてまいります。

ページトップへ戻る