ニュース

現在位置
トップ >ニューストップ

2007年

[ 10月26日 ] 東京モーターショー2007に日産車体ブースを出展
日産車体展示ブース

日産車体展示ブース

受付

受付

シビリアン スーパーリゾート SR-II

シビリアン スーパーリゾート SR-II

キャラバン スーパーGX

キャラバン スーパーGX

当社は10月26日から11月11日までの17日間(一般公開は10月27日から)、千葉市・幕張メッセで開催する、第40回東京モーターショーに出展します。

日産車体ブースの場所は北ホールの中央付近です。ブースには普段はなかなかお目にかかれない、キャンピング仕様のマイクロバス「シビリアン・スーパーリゾートサルーン SR-II」や、スタイリッシュなエアロパーツをまとった「キャラバン スーパーGX」など、4台を展示。

また、当社のブースは社団法人車体工業会主催のスタンプラリーのチェックポイントにもなっています。ぜひ、日産車体のブースにお立ち寄りください。みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

東京モーターショー2007オフィシャルサイトはこちら
https://www.tokyo-motorshow.com//
ミニカーがもらえるスタンプラリー実施中!
詳しくは社団法人日本自動車車体工業会のホームページをご覧ください。
http://www.jabia.or.jp/
出品車両紹介

シビリアン・スーパーリゾートサルーン SR-II
ナチュラルな木の温もりをメインとした上質なくつろぎの空間を目指したSR-IIに、新たに超ハイルーフ車を追加。室内高は2.04mと大型ハイデッカーバスを越えるゆったりとした広々感を提供。超ハイルーフ部分は断熱性に優れたFRPを採用、前後左右の壁面は全て収納キャビネットとし、快適性と同時に収納力も大きく向上。また新たに創造された広々空間を活かし、2段ベッド化などマルチユースな空間造りが可能。

キャラバン スーパーGX
仕事で必要な荷物も積むことができ、プライベートでも使える、上級グレードGXをベースに更に外観・内装装備を充実させた“スーパーGX”。汚れや水で濡れても簡単にふき取れるカブロンシート、助手席エアバッグを標準設定することによりさらに商品力を向上させた特別仕様のキャラバン。

アトラスF24 リヤゲートリフター付トラック
アクティブなビジネスのためのスマート・トラックをコンセプトに開発された新型アトラスF24はクラストップレベルの最小回転半径と快適な居住性の両立。日産初の6速オートマチックメカニカルトランスミッション(6AMT)で低維持費をサポート。リヤゲートリフターは昇降時の横揺れが少ない垂直式で、重い積荷の荷役を安全、確実、かつスピーディにこなせます。

クリッパー リオ エアロバージョン
「クリッパー リオ エアロバージョン」は、E、G、E FOUR、G FOURの各グレードをベースに専用フロントエアロバンパー(フォグランプ組込み)、専用サイドスカート、専用リヤアンダースポイラーを装着し、迫力のある外観としたモデルで,ビジネスにも、日常にもレジャーにも活躍。

ページトップへ戻る