投資家の皆様へ

現在位置
トップ >投資家の皆様へ >どんな事業をしているの?

どんな事業をしているの?

日産車体の強みって何?

私達は、開発から生産までを担う完成車メーカーです。

日産車体は、日産グループの一員として、親会社である日産自動車から委託を受け、開発から生産までを行う完成車メーカーです。日産車体九州をはじめとする連結子会社6社とともに、完成車の開発・生産を核に、それを補完する事業を展開しています。

完成車開発・生産

日産車体 完成車開発・生産 日産車体九州 完成車生産

2007年に、累計生産台数1,500万台を突破しました!

当社グループでは主力事業として、乗用車、商用車、小型バスの開発・生産を行っています。創業以来の累計生産台数は、2007年に1,500万台を突破し、数々の名車と呼ばれる車を手掛けてきました。このノウハウ、技術を活かし、現在、高い耐久性や多彩なバリエーションを必要とするLCV(ライト コマーシャル ビークル:小型商用車)分野において、日産圏のグローバルマザー拠点となるべく、取り組みを強化しています。

  • 累計1,500万台達成記念式典

    累計1,500万台達成記念式典

  • 3D-CADを活用したバーチャル設計

    3D-CADを活用したバーチャル設計

  • フェアレディZ(S30)

    フェアレディZ(S30)

  • キャラバン(E20)

    キャラバン(E20)

  • ダットサントラック(D22)

    ダットサントラック(D22)

  • エルグランド(E50)

    エルグランド(E50)

特装車架装

世界に1台!特別仕様車です。お客様のニーズに柔軟に応えます!

マイクロバスを幼稚園送迎車に改造したり、救命救急士が乗務する高規格救急車の生産など、特装車事業は標準車両をベースに多種多様な装備を架装したりする分野です。当社グループは、多車種少量生産の技術を活かし、この分野の事業に取り組んでいます。ミニバンのカスタマイズカー、中国などで需要が伸びている高級装備を持つマイクロバス、そして大手企業向けの特装車なども手がけています。

  • 園児送迎仕様バス

    園児送迎仕様バス

  • 高規格救急車

    高規格救急車

  • 個人向けカスタマイズカー

    個人向けカスタマイズカー

  • 中国向け高級仕様バス

    中国向け高級仕様バス

  • 内装

    中国向け高級仕様バス(内装)

  • 運送会社仕様トラック

    運送会社仕様トラック


最先端の設備と技術を備える2つの中核となる生産拠点を持っています。

日産車体グループは、完成車メーカーとしての長年の経験、そして、その蓄積された技術力を発揮し、多車種少量生産を得意とする湘南工場と、グローバル日産の中でも最も進んだ設備、新開発の工法を投入した最新鋭工場の日産車体九州という2つの柱となる生産拠点があります。

湘南工場

日産の働くクルマはMade in 湘南

神奈川県の平塚市「湘南」の地に、プレス、車体、塗装、組立、そして本社機能を持つ当社の最大拠点「湘南工場」があります。現在、更に生産効率を高めるため、再編により生まれ変わった新生湘南工場で「多車種少量生産体制」をさらに進化させ、NV200や小型トラックのパトロールピックアップなど日産ブランドのLCV(小型商用車)の生産を担っています。

  • 湘南工場1
  • 湘南工場2

日産車体九州

2010年に稼働開始した最新鋭の工場です。

日産車体九州は、多くの自動車・部品メーカーが進出し、また目覚しい発展を続けるアジア地域との物流メリットが大きい北九州地区に立地しています。
この新工場はルノー・日産アライアンス生産方式(Alliance Production Way=APW)を基本に、最新の設備、最新の生産技術を導入しています。日産の高級ブランド「インフィニティ」のSUV、インフィニティQX80をはじめ、新世代の本格商用バンNV350キャラバン、国内向け高級ミニバンのエルグランドなど、高品質なクルマを効率良く、環境にも配慮し、生産しています。

  • 日産車体九州1
  • 日産車体九州2

業界環境の説明

2008年の米国のリーマンショックに端を発した世界経済の急速な悪化や、2011年に発生した東日本大震災やタイでの洪水などの影響により、自動車メーカー各社は苦戦を強いられてきました。
しかし、コスト競争力強化への取り組みを継続してきたことに加えて、政府の景気対策促進や、超円高の是正による輸出環境の改善、世界経済の緩やかな回復などを背景に、日本経済の持ち直しが見込まれる中で、自動車メーカー各社の業績は回復傾向にあります。
自動車業界はこうした流れを確実に取り組み、経済再生の中軸を担っていこうとしています。

自動車の国内市場は、省エネ志向が高まり、コンパクトカーやハイブリッドカー、電気自動車などといったエコカーへ需要構造がシフトしてきています。特に軽自動車の需要は2009年以降年々増え続けており、国内販売全体の4割に迫る勢いとなっています。

一方、海外市場は、リーマンショック後の超円高の為替レートを背景に、BRICSと言われる新興国への工場建設を各社が発表し、生産の現地化はますます加速しました。

日産グループでも、インドや中国などでは既に新工場が稼動しており、さらに、ブラジルやメキシコ、タイでも新工場建設が進んでおり、生産現地化へのシフトは進んでいます。
一方、日本国内の工場では、「モノづくりの革新」を創出し続けるマザーとしての役割を果たしていくために、国内生産100万台を維持する方針を打ち出しています。そして、海外の生産拠点にも勝る競争力を確保する力をつけるべく、努力しています。
日産車体は、日本国内でのモノづくりを極め、世界で勝ち残れる競争力を確実に維持することで、日産グループの掲げる国内生産100万台の一翼を担うとともに、特に強みであるLCV(小型商用車)の海外展開においては日産グループの中心となって事業の拡大に取り組んでまいります。

ご存知ですか!

■日産「NV200」がニューヨーク市の次世代タクシーに選定されました。

イエローキャブの愛称で親しまれ、日々60万人の乗客を運ぶニューヨーク・タクシーの次世代専用車両として2011年5月に当社が開発を担当したNV200が選ばれました。
これは、NV200の高い耐久信頼性などが評価されたものであり、大変名誉ある大きな成果でした。なお、生産はメキシコにある日産クエルナバカ工場で行われています。

NV200 NY市 タクシー

NV200 NY市 タクシー


■日本でも!タクシーのイメージを一新する「NV200タクシー」を発表

世界40か国以上で発売されているNV200を基とした「NV200タクシー」が、2015年6月より日本国内で一斉に発売されました。
「NV200タクシー」は、ワゴンタイプならではの広々とした室内空間が特長で、セダンタイプが主流であったこれまでのタクシーのイメージを一新する次世代タクシーです。
日産車体が開発し、湘南工場で生産する「NV200タクシー」が日本のタクシーの新時代を先駆けます!

NV200タクシー LPGバイフューエル(パノラミックルーフ仕様)

NV200タクシー LPGバイフューエル(パノラミックルーフ仕様)

ページトップへ