投資家の皆様へ

現在位置
トップ >投資家の皆様へ >日産車体の強みって何?

日産車体の強みって何?

どんな事業をしているの?

私達は、日本でのモノ造りにこだわり続けるクルマ会社です。

日産車体は、日産グループの一員として国内でのモノ造りによって、将来にわたっての企業競争力を維持できる体制構築を目指しています。

最高峰・最新鋭のモノ造り技術を

高品質なクルマを効率的に、タイムリーにお届けするために。

2010年1月に本格稼働した日産車体九州の新工場は、日産グループの「モノ造りのベストなやり方」のすべてを織り込んだ最新鋭の工場です。高品質なクルマを効率的に生産し、短い納期でお客さまにお届けする「ルノー・日産アライアンス生産方式(Alliance Production Way=APW)」を取り入れています。
この新工場では、新世代の本格商用バン「NV350キャラバン」、国内向けのミニバン「エルグランド」や中近東向けのSUV「パトロール」、さらに北米向けのミニバン「クエスト」、高級SUV「Infiniti QX80」、大型SUVの「アルマーダ」の6車種を生産。日産グループの国内工場では、フルサイズの大型SUVや大型ミニバンの生産が可能な唯一の工場としての役割を担っています。
グローバル展開している日産グループにおいて、Q(品質)・C(コスト)・T(納期)の総合力で、ベンチマークとなる工場を目指し、実現に向けて取り組んでいきます。

世界に誇る高品質を

日産グループにおいて、品質No.1を目指して挑戦し続けます。

日産車体では、日産グループの中でも品質においてNo.1と称されることを目指し、「NS-Q1活動」という取り組みを行っています。
高級SUV「Infiniti QX80」をはじめとする高級車の生産を担う日産車体九州の新工場では、ゼブラ照明塗装検査ラインでの塗装品質確認や四輪加振機試験による音振確認を、生産するすべてのクルマに実施することにより、世界に誇るインフィニティブランドの品質確保に努めています。そして、卓越したインフィニティの性能をお客さまにお届けできるよう、妥協のない品質への取り組みを行っています。
また、多くの車種を扱う代表的な多品種混流生産ラインを持つ湘南工場においても、すべてのクルマが各セグメントにおいてトップクラスの品質となることを目指し、日々の研さんを積んでいます。

小型商用車分野 (LCV:Light Commercial Vehicles)

新興国市場の急成長により需要が拡大するLCV分野で世界をリードしていきます。

新興国市場の台頭などにより、今後さらなる成長が期待される小型商用車(LCV)分野は、高い耐久性、多彩なバリエーションなど、その開発・生産に乗用車と違った特有のノウハウが必要とされます。日産車体では、キャラバン、シビリアン、NV200バネットなど、これまでに数多くのLCV開発、生産で培ってきたノウハウ・技術をさらに進化させ、グローバル日産での開発支援、そしてマザー工場として日本のモノ造りを伝承する役割を担っていきます。


今、社会が求める環境負荷の低減についても、取り組みを強化し、成果を生み出しています。

日産車体は、日産グループが掲げる「人とクルマと自然の共生」のもと、全ての活動において環境を念頭においた仕組みを創り上げ、人や社会、自然にやさしい車づくりに取り組むと同時に、生産工程などにおける環境対策で様々な成果をあげています。

商品開発

幅広い領域で、環境対策を実施しています。

車の排気ガスによる地球環境の悪化が問題となる中、日産車体では、燃費向上、排出ガス清浄化、リサイクル性の向上など、環境負荷の低減が図れる商品開発に努めています。車体の軽量化はもちろん、リサイクル性の向上など、この分野でも日産車体の技術が活かされています。

NV200バネットにおける主なリサイクル対象部品例

生産

業務上の省エネ、環境負荷の低減にも取り組んでいます。

車の生産にはエネルギーを必要とし、そのエネルギーの消費によりCO2が発生します。日産車体では、各生産工程においてエネルギー消費の効率化を図ると同時に、廃棄物の削減などに努めています。

ご存知ですか!

新しい塗装工法が日経地球環境技術賞において優秀賞を受賞しました。

従来多くの時間とエネルギーを必要としていた塗装の焼付け工程は、環境負荷、生産効率などの面で大きな課題を抱えていました。日産車体では、この課題をクリアーするために3WET工法を開発し、最新鋭工場の日産車体九州に採用しました。この工法の特徴であるCO2や揮発性有機化合物(VOC)の大幅な低減と高い外観品質を世界で始めて両立させたことが認められ、2010年の日経地球環境技術賞において優秀賞を受賞しています。

ページトップへ