ステークホルダー エンゲージメント

ステークホルダーとの様々なコミニュケーションを通して社会の要請や期待を正しく理解し、企業活動に活かしていくことが、企業の成長と持続的な社会の実現にとって非常に重要と考えています。社内各部門がこうした対話を多くのステークホルダーと行い、認識した課題に取り組んで行きます。

主要なステークホルダー

主要なステークホルダー

主要なステークホルダー

ステークホルダー 主なコミュニケーション活動
株主・投資家 株主総会・web決算説明会・IR面談、IR資料・問い合わせ先のHP掲載
従業員 全員大会・イントラネット・社内報等での役員・工場長メッセージの発信、
従業員サーベイの実施、社長と一般層の対話、上司と部下の面談、従業員表彰制度、
従業員持株会制度、アイデアコンテストの実施
お客様 お客様相談室に届いたご意見の分析・調査、
品質向上のためのアンケート・お客様の声・要望を聞く活動、国内外のお客様の訪問活動
サプライヤー サプライヤーミーティング、商談、面談、協力会活動
取引先
販売会社 拡販イベント、営業・サービス対応支援
国・自治体 訪問、講演会への参加
地域社会 小学生向け工場見学の実施、地域イベントへの参加・協賛、地域団体等のスポンサー活動

マルチステークホルダー方針_2024年2月20日(PDF: 

ステークホルダーに対する情報提供に係る方針の策定

社内外に対する経営の透明性を重視し、ステークホルダーに対する適時、適切な情報開示に努めています。

ステークホルダーに関する施策

Home サステナビリティ ステークホルダー エンゲージメント