日産車体のクルマづくり

現在位置
トップ >日産車体のクルマづくり >海外展開

海外展開

LCVで海外展開事業基盤を強化

  • 日産テクニカルセンター・ノースアメリカ社(NTCNA)での開発支援。現地メンバーとともに

    日産テクニカルセンター・ノースアメリカ社(NTCNA)での開発支援。現地メンバーとともに

  • ブラジル日産自動車会社アライアンス工場(NBA)での生産準備業務支援

    ブラジル日産自動車会社アライアンス工場(NBA)での生産準備業務支援

  • 鄭州日産での開発支援

    鄭州日産での開発支援

  • タイ新工場での生産準備業務支援

    タイ新工場での生産準備業務支援

日産車体は、国内だけでなく、海外の多くの国で使われているさまざまな車両の開発から生産を一貫して行っています。そして、世界中のお客さまに優れたクルマをお届けするために、グローバルでの事業展開を積極的に進めています。

なかでもLCV(ライト コマーシャル ビークル:小型商用車)においては、グローバル日産グループでの中心的な役割を担っています。

湘南工場のモノづくり技術を活かし、中国、スペイン、タイ、北米のほか、メキシコ、インドネシア、ブラジル、ロシアなど、世界中の日産の工場でLCVの現地開発、現地生産を担っています。

「NV200」においては、新車開発を通じて蓄積した、開発・購買・生産でのノウハウを国内で活用するだけでなく、中国や欧州などの生産拠点へ展開し支援を行うことで、マザー工場の役割を果たしています。

さらに日産車体では、グローバルに活躍できる人財を育成するサポート体制も充実。語学力の向上だけでなく、現地のスタッフと一緒に問題解決を図るコミュニケーション能力も重視し、海外への出張・駐在などによる経験の場を増やすなど、海外拠点との連携・交流を深める取り組みに力を入れています。

今後は、生産・開発支援やグローバル化への経験を積み重ねながら、日産車体の基盤を整備し、「LCVスタンダード」を確立していきます。そして、LCV事業のグローバル展開にこれを活かし、さらなる市場の拡大を図っていきます。

ページトップへ戻る